眼瞼痙攣

眼瞼痙攣とはあまり聞きなれない病気ですが,実際には非常に多い疾患で,成人の2-3割は程度の差はあれ眼瞼痙攣の状態です。光がまぶしく感じる方の多くが眼瞼痙攣です。かなり高頻度でみられる病気なのですが、現在のところその原因はよくわかっていません。そのため、根本的な治療が難しく、対症療法も限られている難しい病気の一つです。

眼瞼痙攣

眼瞼下垂はいわば目を開ける力が弱くなる病気ですが,眼瞼痙攣は眼を閉じる力が強すぎる(脳が目を閉じてしまう)病気です。はじめは軽い症状でも,眼瞼痙攣の負のスパイラルに陥ることで重症化していきます。

<症状>

  • 目の疲れ,体の疲れ
  • 光がまぶしい
  • 眼がしょぼしょぼする
  • 肩こり・頭痛,眼の奥の痛み,など

治療

眼瞼痙攣の治療はあまり容易でありません。

1.眼瞼痙攣の原因の治療

まぶたを強く閉じてしまう原因がわかれば,その治療を行います(ドライアイ,前眼部異常,眼瞼下垂,逆まつげなど)。原因がわからないケースや,疑わしい原因を治しても眼瞼痙攣が続くことが少なくありません。

2.ボツリヌストキシン注射

眼瞼痙攣は眼を閉じる筋肉が強すぎますので,その筋力をボツリヌストキシン注射でコントロールします。対症療法ですが眼瞼痙攣の負のスパイラルを断ち切ることで調子が良くなることが多いです。

ボツリヌストキシンにはいろいろな注射の方法があり,その部位や量は痙攣の状態によって変わります。ボツリヌストキシンは注射の際の痛みがネックになりますが,当院ではなるべく痛みが少ないように極細のの注射針で注入します。効果の持続は3-6か月間です。

3.眼輪筋(閉瞼筋)切除

強すぎる閉じる筋肉(眼輪筋,皺眉筋)を手術で減らします。ボツリヌストキシン注射と異なり効果は持続しますが,切り取る部位や量の加減が難しい手術で、何度か手術が必要になります。

4.下眼瞼ミュラー筋手術

上眼瞼や下眼瞼のミュラー筋の緊張が眼瞼痙攣の原因になっているケースでは,その緊張をとる治療が奏功することがあります。

5.内服治療

筋肉の緊張を軽くする薬の内服。

ボツリヌストキシンが効かない眼瞼痙攣

ボツリヌストキシンを注射しても治らない眼瞼痙攣は少なくありません。(例:一度目は少し効いたが,2度目からは効かなかった)

患者さんがボツリヌストキシンに抵抗する抗体を持っているため効かないとあきらめがちですが,実際に抗体が存在するケースは稀です。

ボツリヌストキシンが効かない理由は,ボツリヌストキシンの効きを妨げる要因を持っている患者さんが多いためで,その要因を除けばボツリヌストキシンが劇的に効くようになります。ボツリヌストキシンが効かないタイプの眼瞼痙攣はご相談ください。

”まぶたが重い病気”について

まぶたが重い病気には眼瞼下垂以外にもいくつもあり、眼瞼下垂手術一辺倒だけでは良い結果とならないことがあります。

まぶたの重みの原因を明らかにして治療する必要がありますが、病態把握が容易ではありません。

  眼瞼痙攣顔面神経麻痺逆まつげ眉毛の下垂などについてもどうぞご相談下さい。

Q&A

Q.ボツリヌストキシン注射は健康保険適用ができますか?

A.眼瞼痙攣には保険適用可能です。

Q.ボツリヌストキシンが効かないのですが,ボツリヌストキシンが効くような処置だけ行うことができますか?

A.当院で処置をして,近所のクリニック等でボツリヌストキシン注射を受けるのは可能です。

治療一覧