眼瞼内反症・逆まつげ

逆まつげは、状態およびその原因により治療法(針脱毛、手術)をアレンジする必要があります。どうぞご相談ください。

逆まつげの毛根処理

電気凝固(保険適応)

針電極で逆まつげの毛根を1本1本処理することで生えなくします。逆まつげの合計本数が数本の方に向いています。

ただし、まぶたの中に眠っている毛が順番に生えてきますので、治療終了まで数回の電気凝固が必要です。局所麻酔の注射をして行います。

上まぶたの内反症・逆まつげの手術

1.こどもの逆まつげ(保険適応)

まつげの際を切開して向きを変えます(二重まぶたの手術とは異なります。)

逆まつげは、成長に伴い改善することがあります。

2.中高年のさかまつげ(保険適応)

皮膚のたるみや眼瞼下垂が原因となることがあります。眼瞼痙攣を併発していることが多いです。

まつげの際を切開して向きを変えたり、眼瞼下垂の場合はその手術をします。

二重睫毛や睫毛乱生(Q&A参照)の場合は、通常の手術では完治できません。

下まぶたの内反症・逆まつげの手術

1.こどもの逆まつげ(保険適応)

上まぶたと同じくまつげの際を切開して向きを変えます。

目頭の蒙古ひだでひっぱられて逆まつげになっているときは、蒙古ひだを緩めます。

手術をしなくても成長に伴い改善することが多いです。

2.中高年のさかまつげ(保険適応)

まぶたの支持構造のゆるみによることが多いです(内反症)。

縦方向か、横方向のゆるみかで、手術が異なります。

下まぶたのゆるみによる逆まつげは、手術が奏功しやすいです。

Q & A 眼瞼内反症・逆まつげ

Q.いつもまつげを抜いていますが

A.初診される際には、まつげの診察のために1週間ほどはまつげを抜かずに受診してください。

Q.睫毛乱生とは何ですか?

A.睫毛の生えているところは問題ないが、睫毛が内側に向かって伸びてしまう状態

Q.二重睫毛とは何ですか?

A.睫毛の生えているところに問題あり(内側すぎる)

Q.逆まつげの手術を受けたのですが、治らないのですが?

A.「睫毛乱生」「二重睫毛」は通常の手術では治りません。

Q.こどもの逆まつげですが手術する必要がありますか?

A.「どれくらい眼球の表面を傷めているか」「視力発達との関係」が手術をするかどうかの判断材料になります。眼の表面の診察は、眼科医にお願いして下さい。