刺青除去

 

レーザー

刺青の色素に反応するレーザーを用いて刺青除去します.

刺青の色素の種類や注入されている深さによって効きが悪いことがあります.
一部刺青が残ることがあることが欠点です.完全に除去したい場合には切除術を選択してください.

アートメークも除去可能です.

 

※痛みに対して

レーザー照射は痛みを伴いますが,痛みが強い場合は外用麻酔クリームや局所麻酔薬の注射をします.
笑気麻酔で眠っている間にレーザー照射を済ませることも可能です.

 

刺青切除術

刺青のサイズや部位により手術方法は変わります

<小さな刺青>
1.単純切除術
うまくデザインをして切り取ります.

 

<大きな刺青>
1.皮弁術
切り取った後,周囲の皮膚をまわして歪みを少なくします.
2.分割切除術
一度に切り取れない場合には,無理せず2-3回追加切除します.
3.植皮術
縫い縮められないサイズの刺青では,離れた部分から(鼠径部など)皮膚を移植して傷をふさぎます.
4.剥削術
刺青を削り取るのみです.たとえば背中一面の大きな範囲でも削り取ることは可能ですが,傷あとが残ることと痛みが出る場合があります.


 

ピアス

ピアスの穴開け

耳,耳(軟骨),ボディピアス,舌などのピアスの穴開けを行っています.
アレルギーを起こしにくいサージカルステンレスのピアスを数種類用意しています.

 

<ピアスの費用>
当院のピアッサー(ピアス開け器具)を使用してピアスホールを開けるのが可能な部位(耳たぶ,ヘリックス・トラガスの大部分)ピアス込みで片耳2800円(税別),両耳で5000円(税別)です.
ピアッサー使用できない特殊な部位は,1ヵ所4000円(税別)です.
ボディピアスは,ピアス持ち込みの場合は6000円(税別)/1ヶ所で,当院のピアスを使用される場合にはプラス1000円(税別)が必要です.

 

Q.痛みが心配なのですが?

A.局所麻酔により痛みの少ないピアスの穴開けが可能です.ただし,耳の場合はもともと痛みが比較的少ないので通常は麻酔を必要とはしません.

 

ピアスホールのトラブル

ピアスの穴に起因する各種トラブルはご相談ください

<例>
ピアスの穴が裂けて塞ぎたい
ピアスの穴が裂けて穴を残したい
ピアスの穴が大きすぎる
ケロイド
化膿