眼瞼下垂

一瀬晃洋(いちのせあきひろ)は、神戸大学在任の20年間、眼瞼下垂症(先天性、後天性)の手術に取り組んで参りました。当院開業後もライフワークとして眼瞼下垂の治療を続けますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。どのような眼瞼下垂にも対応致します。もしかして自分も眼瞼下垂かな?とお感じの方は、どうぞご相談下さい。

眼瞼下垂症の手術は原則的に部分切開法(保険適応)で行っています(二重まぶたの再構築手術をする場合には保険適応外になります)。

眼瞼下垂の分類と治療

眼瞼下垂の分類

1.先天性眼瞼下垂(生まれつきの眼瞼下垂)

2.後天性眼瞼下垂(生まれつきではない眼瞼下垂)

  • a)腱膜性眼瞼下垂

    まぶたを上げる筋肉がゆるんでまぶたからはずれる状態

  • b)神経原性眼瞼下垂
  • c)筋原性眼瞼下垂
  • d)瘢痕性眼瞼下垂

→後天性眼瞼下垂のうち最も多い加齢による眼瞼下垂は、腱膜性眼瞼下垂およびまぶたをあげる筋肉の力の低下です。

眼瞼下垂は一部の人がかかるような特別な病気ではありません.まぶたを挙げる筋肉はとても緩みやすい弱い組織ですので,ほとんどの方が一生のうち一度は修理が必要な部分になると言って差し支えありません.

眼瞼下垂の治療の選択

眼瞼下垂の状況によって用いる治療が異なります.

女性の目元

1.眼瞼挙筋前転術(腱膜固定術)

  • 後転性眼瞼下垂の90%以上
  • 先天性眼瞼下垂の一部

2.筋膜移植

  • こどもの先天性眼瞼下垂

3.縫合糸でのつり上げ

  • 大人の先天性眼瞼下垂
  • 神経原生眼瞼下垂
  • 筋原性眼瞼下垂

→生まれつきでない眼瞼下垂には,通常挙筋前転術(腱膜固定術:保険適応)が選択されます.

 ※眼瞼下垂症の名医の手術方法いろいろ

眼瞼下垂の名医と言われる先生の手術は、それぞれ違うものです。眼瞼下垂症の手術方法には、大きい部分から細かい部分まで様々な違いがあります。眼瞼下垂の名医は独自にいろいろな工夫を加えた結果、かなり異なる内容の手術になっているのです。

お勧め! 部分切開法による眼瞼下垂手術

当院はまぶたの専門治療を掲げておりますが、中でも最も多い手術は眼瞼下垂症手術です。
当院では先天性から後天性まですべてのタイプの眼瞼下垂の治療を行っています.

おすすめする術式

いちのせ式(4点留め)部分切開法眼瞼下垂症手術

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 デザイン

約15mmの皮膚切開から挙筋前転を行う。米国の小切開眼瞼下垂症手術を基に術式を開発。

いちのせ式部分切開法」は,まぶたを内側から外側までざっくりと切る「全切開法」とは異なる方法で、約15mmの切開より眼瞼下垂の手術を行います。
小さい切開ですが4点の腱膜の固定を行うため、全切開法と比較しても効果や持続性に遜色はありません。(※通常の挙筋前転法と比べて強固です)
軽い眼瞼下垂から重度の眼瞼下垂までほとんどのタイプの後天性眼瞼下垂に適応します。

眼瞼下垂の手術は、主に「いちのせ式部分切開法」を用いて1200眼/年間以上行っております(2019年実績)。
2000年以降、神戸大阪・和歌山で合計12000眼以上の症例を重ねております(多くは保険適応です)。

「いちのせ式部分切開法」は簡単&確実な方法で、様々な点でお勧め出来る方法であり、眼瞼下垂手術の決定版の術式であると自負しております。
なにより患者さんにとって受けやすい手術です。
どうぞ安心してお受け下さい

特徴

医療器具

1.低侵襲手術

  • 術後の腫れが少なく回復が早い
  • →翌日より眼鏡で職場復帰できることも

2.手術が受けるのが容易

  • 手術時間が短い痛みが少ない
  • →15-20分で済みます

3.確実性,持続性

  • 4点留めにすることで強い固定力
  • →長期的に緩みにくい術式です

4.美容面

  • 4点留めでまぶた全体の形が整う
  • →三角の眼になることを防ぎます

▼本術式については、すでに国内外の学会報告や論文報告を数多く行っています。

部分切開法 学会発表

<学会発表 (抜粋)>

  • 2006年

    日本美容外科学会総会(広島) シンポジウム

    一瀬晃洋 神戸大学形成外科・美容外科

  • 2008年

    日本美容外科学会総会(横浜) シンポジウム

    一瀬晃洋 神戸大学形成外科・美容外科

  • 2013年

    日本形成外科学会総会(札幌) ビデオシンポジウム

    一瀬晃洋 神戸大学形成外科・美容外科

  • 2013年

    韓国美容外科学会総会(asian blepharoplasy forum、ソウル)

    Akihiro Ichinose, Kobe university graduate school of medicine

<論文報告>

  • 成人の眼瞼下垂症手術-部分切開法眼瞼挙筋腱膜前転術-

    一瀬晃洋 神戸大学形成外科・美容外科   PEPARS2010 )

眼瞼下垂になると偏頭痛など体調が悪くなる

眼瞼下垂は,知らず知らずのうちに私たちの体や心をむしばみます.

開きにくいまぶたを一日中頑張って挙げておくのはとても疲れます.眼瞼下垂になると,眼や体の疲れがひどく,偏頭痛,首・肩こり,顔や眼の痛みなどが生じて,体調がすっきりしなくなります.

眼瞼下垂の代表的な症状

目元を押さえる女性

1.まぶた・眼の症状

  • まぶたが重い・開きにくい 視野が狭い 眼精疲労

2.その他の眼の症状

  • 眼の奥の痛み目の周囲の痛み・違和感、まぶしさ、めまい、涙の異常 等)

3.まぶた以外の症状

  • 頭痛 肩こり・首の痛み 他の症状(顔、耳周囲の痛み、昼間眠い、鼻炎など)

4.美容面の症状

  • ひたいのシワ、 眼の上のくぼみ 眼の下の眼袋 眼のクマ 疲れて見える 元気がない顔 怖い(冷たい)表情

上記症状に思い当たる方は眼瞼下垂の専門医の受診をおすすめします。

ひどい頭痛に悩まされて脳神経外科などいくつも受診したが原因がわからなかった。実は眼瞼下垂症であり、眼瞼下垂の手術を受けたらすっかり治ったったという症例はよくあります。

症例写真 眼瞼下垂症手術

当院で最も多く行っている手術は眼瞼下垂症手術です。

(4点留め)部分切開法眼瞼下垂症手術

いちのせ式部分切開法」は,約15mmの切開より眼瞼下垂の手術を行います。

小さい切開よりまぶたの内側から外側まで4点の腱膜の固定を行うため、低侵襲かつ三角眼にならずに綺麗なまぶたの形に仕上げることが出来ます。全切開法と比較しても効果や持続性に遜色はありません

症例写真,ビフォーアフター,術前術後,いちのせ式(4点留め)部分切開法眼瞼下垂症手術,二重整形,一瀬晃洋,形成外科,神戸大学,美容皮膚科,大阪,まぶたの専門治療

※健康保険適応

二重整形は特に行っておりませんが、眼が開くようになるにつれて二重まぶたが狭くなっています。まぶたの上の方の3重瞼やサンケンアイ(まぶたのくぼみ)も改善しています。

まぶたのタルミは年々少しづつ進行しますので、いずれ眉下切開によるタルミとりを検討してもよいでしょう。


<術後の経過>

眼瞼下垂症 症例写真 ビフォーアフター 手術 部分切開法

両側の眼瞼下垂症(R<L)
ハードコンタクトの使用30年以上。まぶたは少しタルんでサンケンアイ(まぶたのくぼみ)が気になります。

いちのせ式(4点留め)部分切開法眼瞼下垂症手術

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 デザイン

手術のデザイン
片目ずつ(眼瞼下垂が重度な側から)、約15mmの皮膚切開から挙筋前転を行います。手術は局所麻酔で約15分で終わります。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 手術直後

手術直後
局所麻酔による腫れがあります。数日間は眼帯で隠して、内出血がひいてきたらメガネでカバーして仕事を休まずに乗り切ります。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後18日

術後7日
腫れがひくにつれて軽く眼が開くようになりました。内出血はごくわずかに残り、少しむくみが残る程度です。抜糸を行いますが、簡単に済みますので心配無用です。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後18日

術後14日
ほぼむくみがなくなった状態で、周囲から見て手術を受けたことがわからなくなっています。この日にもう片方の眼瞼下垂の手術もしています。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後4カ月

術後4カ月
他人から見て手術の形跡はほぼわからなくなりました。まぶたは軽く開くようになり快適で特に問題はありません。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後4カ月 傷跡目立たない

術後4カ月
15mmの傷跡(赤いカッコの部分)は、二重のラインに隠れて目立ちません。

いちのせ式4点留め部分切開法眼瞼下垂症手術は、患者さんにとって受けやすい術式とするために様々な改良を重ねて参りました。今、強くおすすめできる術式です!

※症例写真の手術の費用とリスク・副作用・合併症
<費用の目安>
保険適応K219-2 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
<主なリスク・副作用>
傷跡、瞼裂の左右差、ふたえまぶたのラインの乱れ、兎眼、まぶたの変形、ドライアイ、視力変化など

Q&A

Q.手術はどれくらいの 時間がかかりますか?

A.部分切開法では局所麻酔で片眼15-20分で手術が終了です。
(※修正手術では30分以上かかることもあります)

Q.テレビで芸能人が眼瞼下垂の術後に変なまぶたになってしまっていますが、部分切開法ではなりませんか?

A.術式が違うため大きな心配は不要です。
全切開法では、特にまぶたが腫れぼったい人ではまぶたが変形してしまうことがありますが、小さな切開で行う部分切開法ではまぶたの変形は最小限です。部分切開法は、まぶたの皮膚を切除しないために大きくまぶたの構造を大きく変化させることがない術式です。 当院では原則的に部分切開法で行います。

Q.抜糸までの期間は?

A.目立ちにくく溶ける糸で(1週間以降にはずれ易く)縫合しますので、必ずしも抜糸は必要ではありません。
溶ける糸でも正しく用いれば傷あとはきれいになることを実証していますので、ご安心下さい。

Q.何回くらい通院の必要がありますか?

A.1.神戸・大阪など近隣にお住まいの方
眼瞼下垂の手術後の最初の検診は,通常1週間後です.あとは1か月後と4か月後に検診して問題なければ終了です.
2.遠方にお住まいの方
抜糸なしで術後の検診を1か月後にすることも可能です(問題なければその後の受診を省きます。)

Q.仕事をどれくらい休む必要がありますか?

A.部分切開法眼瞼下垂手術では平均的な腫れは2日~10日程度です。翌日より眼鏡でカバーして職場復帰可能なほど腫れが少ない方もありますが、3日間程度ある程度の内出血は覚悟しておいてくださいね。片眼づつ手術すれば、3日間程度は眼帯で隠して後はメガネでカバーすることで仕事を休まない方が大部分になっています。

Q.皮膚のたるみが多いと思うのですが、術式はどうなりますか?

A.ほとんどの眼瞼下垂で部分切開法で問題ありません。特に脂肪切除などや二重(ふたえ)をきれいに入れると、たるんだ感じは少なくなります.必要があれば将来的に眉下切開などの皮膚切除を検討して下さい。

まぶたのタルミの治療

Q.全切開法を受けたいのですが

A.全切開法は手術のマグニチュードが大きく、大変な術後になりがちなのでおすすめはしません(20年前まで第1選択としていました)。しかし、全切開法が適応する方もまれにおられますのでご相談下さい。

Q.眼瞼下垂の手術で頭痛・肩こりはどれくらいの効果を見込めますか?

A.経験的には、偏頭痛の7割程度の方が改善します(完全に無くなる方も少なくありません)。肩こりも同様です

Q.高齢の母の手術を検討していますが入院可能でしょうか?

A.入院可能です(いちのせ形成外科と同じビルの新都心病院:兵庫県神戸市尼崎潮江1)。ですが、部分切開法ですと手術は短時間で済み低侵襲ですので、高齢の患者さんでも通常は入院を必要としません。心配な場合はご相談下さい。(→新型コロナウイルス流行の影響のため入院が必要な方の治療の受け入れを中止しています)

Q.健康保険での手術ができますか?

A.眼瞼下垂ならば保険適用可能です(適応がある場合)

Q.自然なふたえまぶたができますか?

A.眼瞼下垂の手術と二重整形の手術は似ている様に思うかもしれませんが実際は違う手術です.眼瞼下垂の手術のみでは、二重まぶたをきちんと作るには術式が不足します。

眼瞼下垂では術後にふたえまぶたが乱れることがあります。その理由は、生まれつきまぶたの中にはひとえやふたえをつくる内部構造があるため、眼瞼下垂の手術でふたえを固定しても術後にまぶたの一部または全部がもとの姿に後戻りすることによる乱れが生じるためです。そのため、左右同じ部位を切開して固定したとしても、違う二重の幅になったりします.

狙った位置に二重まぶたを作りたい場合には、もともとのまぶたの内部構造を一旦崩して0(ゼロ)からまぶたの内部から二重まぶたを作り直す二重の再構築手術(=二重整形手術)の手術を加えます。二重まぶた手術は保険適応外になり、手術時間は眼瞼下垂手術の2倍ほどの手術時間になります(眼瞼下垂と二重整形をあわせて両目で1時間ほど)。

「自分の好みの二重まぶた」「自然な印象の二重まぶた」「左右差が少ない二重まぶた」などご希望される方には、眼瞼下垂の手術と同時に二重整形手術を追加することも可能ですが、保険適応の眼瞼下垂手術を受けてその結果ふたえまぶた問題が生じて自分で気になる場合にのみ、後で二重整形を追加して行うことも可能です。

二重まぶたについて詳しくみる!

Q.左右の大きさがぴったりあわせることができますか?

A.眼瞼下垂手術においては、現在のところどのような方法を用いても100%正確にまぶたを挙げることができません。(世界の名医といわれる先生方による論文でも、約20%程度にまぶたの開きのずれが生じるとされています。)。このずれにより、過矯正(開きすぎ)、低矯正(開き不足)や開きの左右差が生じる患者さんがおられますので、手術の失敗というものではありません。眼瞼下垂手術が上手な先生方はこのずれが生じることを経験から良く知っており、ずれをなるべく少なくするように工夫をして手術にあたっています。

Q.左右の大きさを合わせる工夫は?

A.当院においては、眼瞼下垂の重症度、眼瞼挙筋の筋力、まぶたの重みの自覚症状などにより独自に作成した計算式を用いて、眼瞼挙筋の修理をします.最新の計算式(version 2)では、もともと左右差がある場合において90%以上の確率で左右差なく治療することが可能です

Q. 修正手術について

A.当院の眼瞼下垂手術においては、5~10%にまぶたの過矯正(開きすぎ)、低矯正(開き不足)や開きの左右差が生じます(低矯正:開きが不足or過矯正:開きすぎ).過矯正や低矯正の修正は可能(通常は保険適応)ですが、左右差がほぼ確定する6か月程度は原則的にお待ち頂くことになります(術後数か月で再手術を行うと手術を行い難いだけでなく、再度ずれが出やすいために焦りは禁物です。).ただし、眼が閉じにくくて目の表面に傷が入るなど緊急事態の場合には早期に修正手術を検討しますので、定期検診は必ず受けて下さい。

二重まぶたの左右差やまぶたのタルミについても修正可能です(保険適応外).

Q.逆まつげが治りますか?

A.眼瞼下垂の手術を行うことで逆まつげが改善することはあります。ですが、さかまつげ手術は基本的には眼瞼下垂とは違う手術であり、切開する部分も異なります。眼瞼下垂の手術後に逆まつげが気になる場合には、眼瞼内反症手術を行います(保険適応)。

Q.コンタクトレンズの使用について

A.ソフトコンタクトレンズは1週間後より装着可能です。眼鏡を使うことができない方は、使い捨てのソフトレンズならば手術翌日から装着してください。ハードコンタクトレンズも1週間後より装着可能ですが、眼瞼下垂の再発の可能性は高くなる可能性があります。ハードコンタクトレンズは術後はスポイトを用いて外して頂きます.

眼瞼下垂以外の”まぶたが重い病気”について

まぶたが重い病気には眼瞼下垂以外にもいくつもあり、眼瞼下垂手術一辺倒だけでは良い結果とならないことがあります。
まぶたの重みの原因を明らかにして治療する必要がありますが、病態把握が非常に難しいため治療が難しいことが少なくありません。

まぶたが重くなる疾患(眼瞼下垂除く)

眼瞼痙攣

顔面神経麻痺

眉毛の下垂

これらの病気についても治療を行います.どうぞご相談下さい。 眼瞼下垂手術だけでなく、眼瞼痙攣に対する眼輪筋切除・下眼瞼の手術、内服治療、ボツリヌストキシン注射なども行います。

まぶたのタルミの手術は眼瞼下垂とは違う

各種まぶたのタルミの手術も行っております(保険適応外)。

まぶたのタルミの術式

1.眉下切開(眉下リフト、眉毛下皮膚切除)

「まぶたの自然なタルミ取り」

眉下切開の追加術式

  • (※まぶたの性状によりますが、いくつかの術式を組み合わせることで自然なタルミ取りに仕上げることができます。)
  •  →眼瞼内側皮膚切除/目頭切開(まぶた内側のかぶさりの治療)、眉毛固定(眉毛を上げる)、コルゲータ切除(眉間の皺の治療)、脱脂術(腫れぼったいまぶたの治療)、眉下皮膚移植(サンケンアイの治療)、目尻笑い筋手術 など

2.全切開法二重まぶた手術(=上まぶたリフト)

「まぶたの自然なタルミ取り」

全切開法の追加術式

  • →脱脂術、ルーフ広範囲切除(厚ぼったいまぶたを薄く自然な二重まぶたにする) など

歓迎! 眼瞼下垂の修正手術

他院での手術後のトラブルの修正手術を承ります。 どんな状況であっても修正可能なことがほとんどです。
それぞれの状況に合わせて修正戦略を練りますので、あきらめずに一度ご相談下さい
(もちろん当院で行った症例についても修正致します)

<例>

目立つ傷あと、三角(さんかく)眼、つり上がったまぶた、厚い腫れぼったいまぶた、開きすぎ、びっくり目、開かなくなった、二重の乱れ・くい込み、ハム眼、まつげの向き など
(保険適応可能:まぶたの開きすぎ・開きが悪いなど)。

Q&A

Q.受診において必要な情報は?

A.何年頃に手術を受けたのか最低限その情報は必要ですが、覚えているだけで結構です。術前には、患者さんから必要な情報を医師がお聞きします。

Q.どの先生の手術でも修正可能ですか?

A.可能です。眼瞼下垂の修正手術では、いくつかの”傾向と対策”があります.ほとんどの症例がその傾向と対策に当てはまります。
修正に骨が折れる先生も確かにありますが、各医師の手術のクセがありますのでそれを踏まえて治療します。
神戸・大阪のみならず、関西圏、東海、関東圏のいずれの患者さんの修正手術にも対応しています。

Q.紹介状は必要ですか?

A.紹介状は必ずしも必要ありません。
手術を受けた先生に紹介状を頂くことで、手術の背景を理解する参考にはなります。前回の手術でどのようなことがなされたかは重要な情報かもしれませんが、どちらにせよ実際の治療において術式を決定するためには、手術を行って術中所見からどういう手術がなされて問題が生じたのかを確認する必要があります。なので、紹介状(診療情報提供書)は必ずしも必要ありません。

Q.修正は何回まで可能でしょうか?

A.修正手術を繰り返し受けられた方もご相談下さい。他の美容外科・形成外科で難しいと言われた方も一度ご相談下さい。
皮膚や脂肪などの組織、そしてまぶたを挙げる筋肉の力がどれだけ残っているかが、修正術の成功の鍵となります。皮膚が少ない場合などは、時期をお待ち頂くこともあります。

Q.傷あとやくいこみの修正で気をつけることは?

A.傷あとの修正に際して、修正に必要な皮膚がまぶたに残っていることが必要です。残っている皮膚が不足していると修正がうまくいきません。そのため修正手術を行う時には皮膚をとにかく大事にすることが重要です。修正手術を繰り返せば皮膚は少なくなっていくことを考えて、少ない修正回数で済むように慎重に術式を検討しなければなりません。

また、傷あとが目立つから切り取ってきれいに縫合すれが綺麗になると考えても、実は間違いであったりすることがよくあります。例えばくい込みなどは通常の傷あと修正では不十分で、傷跡そのものが汚いのではなく溝の凹みが犯人であったりすることが多く、その場合は眼輪筋や脂肪などや周囲の組織を移動して治療を行わないと治りません。移動できる組織が少ない場合には治療が困難となります。

以上の様に、皮膚や脂肪を切除されていて少なくなっている場合には、各種の修正手術の難易度が上がってしまうために、修正手術においても組織を大事にして計画することが重要です。