グラマラスライン手術(下まぶた下制術)の術後の修正

下まぶたを下げてまぶたを大きくする、目尻を下げてたれ目にするための手術ですが、まぶたの機能面で良くない問題が生じやすい手術です。過去にしばしば行われた手術が、最近でも行われている様です。
グラマラスライン手術を受けると術後短期間は満足する傾向がありますが、長期間を経て変形が気になる様になる方が少なくありません。
修正は可能ですが、皮膚を切り取られていたり、結膜に必要以上の処理をされていると拘縮のため修正手術が困難になります。

※つり目を治すためにグラマラスライン手術を検討されることはありますが、あまり推奨できない選択肢です。つり目矯正は他の手術(眼頭切開・蒙古ヒダ形成、眼頭移動術、腱膜固定)で対応できますので、詳細はご相談ください。

※眼瞼下垂の治療をするためには、先にグラマラスライン手術の修正をして下まぶたを挙げないと兎眼になってしまうことがあります。

主な不具合

  • 変な眼になった
  • あっかんべー
  • 眼が閉じにくい
  • 下三白眼
  • 涙がこぼれる
  • etc

処方箋

  • 傷あと修正
  • 下眼瞼の癒着剥離術
  • 外眼角固定術
  • 粘膜移植(口腔粘膜移植術)
  • 皮膚移植、皮弁術

※皮膚および結膜が不足している否かで治療方針が大きく異なります。

※植皮や粘膜移植なしでも下まぶたを十分吊り上げることにより、修正が可能なことがあります。

 

下まぶたリフト術後の修正

下まぶたの皮膚を大きく切除する下まぶたリフトが過去にしばしば行われました。現在は皮膚の切除量は減っていると言えますが、と眼(あっかんべー状態で)相談される患者さんは少なくありません。

主な不具合

  • 傷あと
  • あっかんべー
  • と眼(眼が閉じにくい)
  • etc

処方箋

  • 傷あと修正
  • 外眼角固定術
  • 皮膚移植

※皮膚が不足している否かで治療方針が異なります。

 

目尻切開の術後の修正

目尻切開では、大きく切開すると結膜(赤い粘膜)が見える様になります。このような状態になれば修正が簡単ではありません。

主な不具合

  • 結膜が見える
  • 丸い目尻、水かき
  • etc

処方箋

  • 傷あと修正
  • 外眼角固定術