目頭切開

目頭切開の対象

  • 目を大きくしたい
  • 眼と眼の間(内眼角間距離)を狭くしたい
  • きつい眼の印象を緩和したい
  • 蒙古ヒダ(まぶた内側のかぶさり)を取りたい
  • 平行型の目にしたい

目頭切開の術式

目頭切開A法

目頭の縁を切開する術式を開発して用いています。傷跡は目立たない位置に入り、術後のダウンタイムは少なくなります。 蒙古ヒダの眼輪筋を処理することにより、術後の後戻りが少なく目頭の形も自然な仕上がりとなります。

韓国美容形成外科学会総会(2015 ソウル) 招待講演で報告
神戸大学美容外科 一瀬晃洋

(内眼角靭帯の強い固定を行う目頭切開B法は、小児の先天疾患の瞼裂狭小症候群に向いています。)

症例写真 いちのせ式目頭切開A法

①目頭切開単独で行う場合と、②二重整形手術と組み合わせる場合があります。

※組み合わせる二重整形手術は部分切開法をお勧めしています。

※まぶたは内側に広がる形になりますので、腱膜固定を行って内側を挙げる様にした方がバランスの良いまぶたの形になり、優しい印象のまぶたに仕上げることができます。

※この目頭切開法A法ですと蒙古ヒダが無くなりますので、二重まぶたの目頭付近は自由な位置に入れることが可能です(平行型&末広型)。最近は目頭の被さりの無いやや末広がりの二重まぶたが一番人気がある様です。

目頭切開,症例写真,ビフォーアフター,術前術後,いちのせ式目頭切開,二重整形,一瀬晃洋,形成外科,神戸大学,美容皮膚科,大阪,まぶたの専門治療
手術後約2か月

目頭のかぶさりのないやや末広がりの眼で、大きな優しい印象のまぶたに仕上げることが出来ました。

片目づつ別々の日に手術をしていますが、二重まぶたの左右差は少なく仕上がっています。術後2か月ですので目頭の傷あとはまだわずかに赤いですが、ノーメイクで目立ちません。

⇒腱膜固定のおかげでまぶたが軽く開くようになり、頭痛や肩こりがずいぶん減って快適になりました。

<術後の経過>

眼瞼下垂症 症例写真 ビフォーアフター 手術 部分切開法

手術前(左)
重たくかぶさっているまぶたを、すっきりとした優しい印象の二重まぶたに変えることが希望です。蒙古ヒダは目頭の下2mmくらいまで伸びています。特に右のまぶたが開き難く感じています。まぶた片頭痛+、肩こり+。

いちのせ式目頭切開A法

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 デザイン

手術のデザイン
片目ずつ(眼瞼下垂が重度な右側から)手術します。目頭切開は正面から見て1mm内側に新目頭の頂点を作るようにデザイン。大きく切りたい場合は1.5mm切開、控えめの切開の場合は0.7mm切開です。二重まぶたは右の約15mmの皮膚切開から作成し(再構築法)、4点留めの挙筋前転を追加して①まぶたを開き易く&②まぶたの枠の形を変更して優しい印象にします。脱脂およびROOFを少し切除してまぶたの腫れぼったさを改善します。目頭切開、二重整形と腱膜固定あわせて、局所麻酔で約45分かかります。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 手術直後

手術直後
局所麻酔の液の注入による腫れがあります。数日間は眼帯で隠して、内出血がひいてきたらメガネでカバーして仕事を休まずに乗り切ります。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後18日

手術後7日
腫れがひくにつれて、眼の開きはまだ完全ではありませんがまぶたが軽くなった様に感じています。内出血はごくわずかに残り、少しむくみが残る程度です。目頭切開の傷あとは赤いです。術後7日で抜糸を行いますが、目頭の一部と二重まぶたの調整の糸を1か月間残します(透明な糸を使うので肉眼ではほとんどわかりません。お化粧もできます)。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後18日

手術後1か月
むくみがかなり引きました。目頭がまだ少し赤いですが、薄いお化粧でカバーすれば手術を受けたことがわからなくなっています。この日にもう片方のまぶたの手術もしています。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後4カ月

手術後2カ月
ほぼノーメイクです。切開した目頭はまだわずかに赤みが残りますが、他人から見て手術の形跡はほぼわからなくなりました。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後4カ月 傷跡目立たない

手術後3カ月
薄化粧をしています。二重のラインはほぼ予定通りです。蒙古ヒダはなくなり、すっきりとしたきれいな目頭が出来ました。まぶたは軽く開くようになり快適で特に問題はありません。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後4カ月 傷跡目立たない

手術前(右)
右も左と同じ手術を行います。腱膜前転は、術前の眼の開きから計算しやや控えめにします。

眼瞼下垂症 手術 部分切開法 術後4カ月 傷跡目立たない

手術後3カ月

薄化粧をしています。二重のラインは予定通り目頭のかぶさりのないやや末広がりで、左右差も少なく仕上がっています。まぶたは軽く開くようになり快適で特に問題はありません。切開した目頭は後戻りもなく、傷あとは目頭の縁に位置しているため目立ちません。

いちのせ式目頭切開A法の利点

  • 1.傷あとは目立ち難い(傷は見えにくい目頭の縁にある)
  • 2.目頭が丸くならない
  • 3.新しい目頭の位置を細かく設定可能
  • 4.蒙古ヒダ(目の内側のつっぱり)が十分に除去できる
  • 5.下向きに伸びる目頭(インコのくちばし形)を矯正して優しい印象の眼に変える
  • 6.後戻りが少ない
  • 7.目頭付近の二重まぶたを自由に設定可能(平行型or末広型)
  • 8.二重整形の切開とは連続しないため、様々なタイプの二重整形術と組み合わせ可能
  • 9.剥離の範囲が少ない
  • 10.ダウンタイムが少ない
  • 11.目頭切開の傷あとの修正にも使用可能

この目頭切開法は20年間様々な改良を重ねた術式で、現在も少しづつ進化し続けています。最近受ける患者さんが増加しています。今、強くおすすめできる術式です!


目頭切開の費用とリスク

部分切開法二重まぶた手術 160000円(税別)
+腱膜固定術 100000円(税別)
+目頭切開術 100000円(税別)
(※目頭切開の当院の費用は200000円(税別)ですが、二重整形の切開手術(部分切開法、全切開法)と同時に組み合わせると100000円(税別)に割引されます。)
主なリスク/合併症:傷跡、瞼裂の左右差、ふたえまぶたのラインの乱れ、兎眼、まぶたの変形、ドライアイ、視力変化など

Q&A

Q.目頭切開の傷あとは目立ちますか?

A.当院の目頭切開の傷あとはz形成術より傷が目立ちにくい部分に位置し、韓国のドレーピング法より切開が短く傷あとが目立ちません。最近は透明な糸で縫合していますので、目頭切開の痕跡は早くわかりにくくなります。

Q.目頭切開をすれば平行型の二重まぶたになりますか?

A.当院の目頭切開は蒙古ヒダを除去します。蒙古ヒダが無くなれば、目頭の二重まぶたは好みの位置に入り易くなります。平行型か末広型のどちらかを選ぶことが可能ですが、目頭のかぶさりの無いやや末広がりの二重まぶたのリクエストが最近最も多く、自然に仕上がり易いです。

Q.目頭切開で内側が狭い(平行型っぽくない)二重まぶたにすることができますか?

A.当院の目頭切開の傷跡は目頭の縁に入れて目立たなくし、ふたえのラインは傷跡とは別に作ります。目頭付近の二重の広さをコントロールするには、眼輪筋の処理の仕方を変えることで可能になります。

Q.目と目の間が狭くなるのが嫌なのですが?

A.いちのせ式目頭切開A法は、あらかじめ新しい目頭の位置を決めて蒙古ヒダを除去し術後の後戻りもあまりしませんので、狙った分のみ正確に目頭切開が可能です。現時点では正面から見て0.5mm~2mm分の目頭切開が可能ですので、 症例に応じてご希望に応じて決めることが出来ます。さらに、希望があれば目頭の頂点を切開することない眼瞼内側の皮膚切除術も行っており、目と目の距離を狭くすることなくまぶたの内側のかぶさりを除去できます。この方法は眉下切開と組み合わせると相性がとても良く、より自然なタルミ取りができることが確かめられています。

Q.抜糸は1週間後でしょうか?

A.当院の目頭切開の頂点付近の抜糸は1週間では行いません(理由があって抜糸しない方が傷あとがきれいになり易いのです)。1か月後に残っていれば抜糸します。糸を残していても肉眼では見えにくい透明な糸なので、周囲からみてもほぼわかりませんし、お化粧も可能です。

Q.目頭切開はいろいろな種類があってどれを受けたら良いかわからないのですが?

A.目頭切開には主なものでも10種類以上の術式があってどれを選んでよいのかわからなくなると思います。それぞれを詳しく分析しますと、切開の位置が違っても皮膚をトリミングして縫合すると結局は同じ様な結果になる術式もありますので、実質的にはそれほど多くありません。やることは最終的にどの部分の皮膚や眼輪筋を切除して、どの部分をどこに移動させるのか

歴史的に目頭切開の名医といえば内田先生や平賀先生がまず思い浮かびます。文献には術式の詳細が詳しく述べられていませんが、皮膚切除の位置や範囲、眼輪筋や他の軟部組織の取り扱い方など実際にはいろいろな秘訣があったのではないかと思えてなりません(そうでないと失敗してしまいます...)。

いろいろな術式はありますが、何か優れた術式を選べばそれで成功するのではなく、その術式の詳細を本当に理解して個々の患者さんに合わせて上手に使用できる先生が目頭切開が上手な名医だと思います。

目尻形成術

目尻固定術

目尻には、眼の横幅を保つ靭帯があり、加齢や下まぶたの手術で緩みます。

目尻固定術の対象

  • 眼が小さくなった
  • 眼が丸くなった
  • 下眼瞼リフト後なんとなく眼がおかしい(目が小さくなった気がする)

術式

外眼角靭帯固定術

目尻の靭帯を固定することにより、丸い小さな眼が切れ長の眼に戻ります。(手術時間 片側10分ほど)

Q&A

Q.目尻切開はおすすめですか?

A.目尻を小さく切開しても眼を大きくする効果はごくわずかであり、大きく切開すると不自然な目尻(赤い粘膜が見える)になりがちです。目尻切開は積極的にはおすすめしておりません。目尻が緩んでいる場合は、目尻切開ではなく目尻固定術をお勧めしています。

Q.他院で行った目尻切開の傷跡が目立つのですが

A.目尻切開の他院修正は承ります。目尻切開を縫合して元に戻すのならば、最近日本で行われている手術のほとんどのケースで修正可能です。しかし、切開された目尻を単純に縫合しても治りませんのでので詳細はご相談下さい。

Q.目尻切開とグラマラスライン形成術を勧められたのですが?

A.グラマラスライン形成術(下眼瞼下制手術)は、目尻切開と同様にお勧めしておりません。つり目の修正の目的では、①目頭切開+②腱膜固定でまぶたの内側を挙げる 方がずいぶんと恰好の良い「優しい印象の健康的で大きな眼」になります。