形成外科


形成外科全般の治療

  1.  

  2. 形成外科全般の治療を行っております。
    体表面に関する様々な問題の治療や、他院術後の形成外科的な不具合に対するご相談も承ります。

    併設の尼崎新都心病院と連携(MRI検査や入院なども可能)し、多様な形成外科治療のニーズにお応えします。

     

主な治療法

●外傷

  • ・処置
  • ・縫合
  • ・後療法

 

  • 傷跡(きずあと)修正、肥厚性瘢痕・ケロイド

  • ・傷跡修正手術
  • ・皮弁術(Z形成術,micro-W形成術)

 

  • 肥厚性瘢痕・ケロイド

  • ・保存的療法
  • ・手術加療

 

    • 尋常性白斑

    • ・ミニグラフト
    • →紫外線療法との併用効果++
    • ※頭皮より植皮(ハゲません)

     

    ●皮膚良性腫瘍・軟部組織腫瘍

  • 皮膚のできもの(ほくろ、粉瘤、イボなど)
  • →切除・摘出術
  • ※随時MRI検査可能(併設の新都心病院)

 

  • ●顔面神経麻痺

  • ベル麻痺、ハント症候群
  • →手術(吊り上げ術、軟骨移植、筋膜移植など)

 

  •  ●多汗症・腋臭症

  • 皮弁法、吸引法

 

  • ●爪のトラブル

  • 陥入爪手術(フェノール法)
  • ・巻き爪矯正

 

●耳介変形

  • 立ち耳、折れ耳、ケロイドなど、

→矯正、手術療法

・ピアスホールのトラブル

→各種ピアスホール形成術

 

●へそ形成術

  • ・出べそ形成術
  • (保険適応のものあり)
  •  

  • ●陥没乳頭

  • ・ジェントルレーズ
  • ※スピーディーなレーザーです。

 

上記の他も顔の美容外科に関してご相談下さい