二重まぶた手術

 

埋没法

ごく小さな穴から縫合糸で二重を作る

<特徴>
1.ダウンタイム少なめ
2.短い手術時間

→どうしても切開したくない人にお勧めする方法

「厚いまぶた」「もともと完全に一重まぶた」の方にはあまり向いていません

 

部分切開法二重まぶた手術

約1.5cm切開して二重を作ります

<特徴>
1.傷跡目立ちにくい
2.腫れ・ダウンタイムが少ない
3.短い手術時間
4.安定した二重
5.脂肪切除可能

→少ないダウンタイムで安定した二重の手術が出来るため、最もお勧めする方法です。

 

全切開法二重まぶた手術

まぶたの全長(3cm~)切開して二重を作る

<特徴>
1.皮膚のタルミの切除可能
2.まぶたが非常に腫れぼったい時でも広範囲の脂肪切除が可能

→術後のダウンタイムが大きい方法ですが、厚いまぶたを薄くする時には用います。

 

眼を大きくする

<例>部分切開法二重まぶた手術 + 腱膜リペア

<例>部分切開法二重まぶた手術 + 腱膜リペア + 目頭切開

腱膜リペア

大きく開きやすい眼にする

<効果>
1.眼を大きくしたい       
2.開きやすい(軽い)まぶたにしたい
3.生き生きと輝くまぶたにしたい

 ※まぶたからくる偏頭痛や肩こりも改善

 

目頭切開

目頭を切り開いて大きな眼にする

<効果>
1.眼を大きくしたい       
2.眼と眼の間(内眼角間距離)を狭くしたい  
3.きつい眼の印象を緩和したい 

傷跡が目立ちにくい方法を用います。

<例>部分切開法二重まぶた手術 + 目頭切開

 

腫れぼったいまぶたの治療

(眼窩脂肪切除/ルーフ切除 まぶたの性状により異なる。)

 

眼窩脂肪切除

まぶたの膨らみを減らす

<眼窩脂肪切除の種類>
1.まぶた(内側)の膨らみを減らす
2.まぶた(外側)の膨らみを減らす

※一般的な”脱脂”です。

 

ルーフ切除

厚いまぶたを薄くして自然な二重まぶたにする

<ルーフ切除の種類>
1.部分ルーフ切除
2.全ルーフ切除 
3.拡大ルーフ切除

※2003年~術式の開発
※2007年に学会発表 その後修正し米国論文報告(2008)

 

涙腺固定術

まぶたの外側の膨らみを減らす(意外に多いです)

 

 

 

Q.腫れぼったいまぶたなのですが?

A.腫れぼったいまぶたをそのまま二重まぶたにすると、わざとらしく見える二重になることがあります。ルーフ切除などでまぶたを薄くすることで、格好の良い二重まぶたにに変えます。

 

Q.全切開法でも二重まぶたが乱れているのですが?

A.望みの位置に二重まぶたを作っても、もともと持っている二重まぶたや一重まぶたが残っていると乱れてしまいやすいのできちんと処理する必要があります。