HOME > ブログ 記事一覧 > ☆京都 大覚寺☆


☆京都 大覚寺☆

From ナースゆか^^♪

 

 

 

 

こんにちは、いちのせ形成外科ナースゆかです(*^_^*)

 

1200年前の御写経(勅封心経)が見ることができる!
しかも60年に一度しか開封されないと聞き、
京都大覚寺の戊戌開封法会(ぼじゅつかいふうほうえ)に行ってまいりました。
 いちのせ形成外科 大覚寺いちのせ形成外科 大覚寺


 戊戌開封法会は、1200年前の平安時代、都で大飢饉による疫病が流行り、
時の帝であられた嵯峨天皇さまは、弘法大師さまのお勧めにより、御写経をなされ、
勅封(封印)として奉安し、国民の安泰を心から願われたそうです。

 


奉安された年が弘仁九年(818)の戊戌(つちのえ・いぬ、ぼじゅつ)の年であり、
以来60年に一度、大覚寺では、その御写経(勅封心経)をご開封し、
天下泰平をお祈りすることを伝統儀式とされており、
「戊戌開封法会」の由来のようです。

いちのせ形成外科 京都

 

戊戌開封法会を記念して、特別なご朱印帳やご朱印頒布を予定しているとのことで、そこも気になり行きましたが、
御朱印帳は早い段階で予定分を終了してしまったとのことで入手できず…
御朱印のみいただきました。

混雑が予想されるとのことで貼り付け(書き置き)タイプでしたが、
とても素敵で良い思い出になりました。

いちのせ形成外科 京都いちのせ形成外科 京都



 今回の戊戌開封法会は平成 30 年 10 月 1 日(月)~ 11 月 30 日(金)までのようです。

いちのせ形成外科 京都

 

大覚寺のあとは嵯峨野をぶらり、竹林の道などを巡り京都を満喫しました

いちのせ形成外科 京都

 

 

当院最寄り駅のJR尼崎駅からJR京都駅まで、新快速で40分ほどです。

JR京都駅から、

 バス⇒大覚寺バス停までの所要時間約55分。

 電車⇒JR山陰線 亀山方面行きに乗り、嵯峨嵐山駅までの所要時間約16分。

    JR嵯峨嵐山駅から、徒歩で約8分になります。

 

遠方から来院された時に、京都旅行で歴史を感じてみませんか(*'▽')

 

いちのせ形成外科ナースゆかでした(*^▽^*)ノ

 

一瀬院長ホームページ

http://www.ichinoseakihiro.com/


<<前の記事へ  次の記事へ>> 

 

ブログ記事一覧へ